午前3時のスノードロップまだ評価がありません

画像引用元:リンク先URL
必要人数
必要時間
形式ダウンロード
製作者/店舗
レビューまだレビューがありません [レビューをかく]
リンク

作品内容

ここはとある雪山。
春は近く、さりとて雪解けにはまだ遠いある日のこと。
集客のピークを過ぎたスキー場から、少しだけ山を下った辺りに、
麓(ふもと)へ向かう道からはずれた、細い分かれ道がありました。
空が見えないほど木々に囲まれた、その細道をしばらく行くと、
この山に唯一ある、古い無人の山小屋が立っていました。

「やっと着いた……聞いてたより、スキー場から距離があるなぁ…」
ある女性が、そんな事を呟きながら山小屋の扉を開けると、
そこには1人の男性が驚いた顔で立っていました。
「……まさかこんな所に来る人が居るとは……」
見知らぬ2人はお互い顔を見合わせるばかり。
すると、先程女性が歩いてきた道のりを、同じようにこちらに向かってくる人影が。
「…あぁ良かった、人がいて。
とりあえず中で休ませてください、よければご一緒に」
その言葉で、何とはなしに3人は小屋の中へと入ります。

―――――この晩、運命を共にするとも知らずに。

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました