大正文壇カフェー洛陽の事件帖まだ評価がありません

画像引用元:リンク先URL
必要人数
必要時間
形式ダウンロード
製作者/店舗
レビューまだレビューがありません [レビューをかく]
リンク

作品内容

1926年12月24日――明日から〈昭和〉がはじまる〈大正〉最後の日。
東京本郷の《文壇カフェー洛陽》では、文士たちによる「金曜会」が開かれようとしていた。

外は猛吹雪。カフェーに電話はない。

文壇トップの大作家が仕事をしていた〈個室〉から、
「きゃああ――っ!!」
女の叫び声が聞こえた。

大作家は、口から泡を吹いて死んでいた。
殺害現場に残された『風変わりな品々』――この中に大作家を殺した《凶器》がある!

犯人は「金曜会」のメンバー4人――新人作家・女給・詩人・高校生――の中にいる!

犯人は誰だ――???

そして凶器は何だ――???

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました