錬金術師と毒薬Ⅱまだ評価がありません

画像引用元:リンク先URL
必要人数
必要時間
形式ダウンロード
製作者/店舗
レビューまだレビューがありません [レビューをかく]
リンク

作品内容

『錬金術師と毒薬Ⅱ ~ 白と黒の錬金術師 ~』

舞台は中世ヨーロッパによく似た世界にある王立錬金術大学。
この世界では、錬金術によって作られた霊薬が様々な奇跡を起こす。
例えば動物と会話をしたり、超常的な能力を得たり、植物を急激に成長させたりする。
この大学に通う学生達は日々研究し、まだ見ぬ霊薬を生み出そうとしている。

錬金術師達は2つの派閥に分かれている。貴族達を中心とした白の錬金術師同盟と学者達を中心とした黒の錬金術師同盟。白と黒、2つの派閥はお互いに権力争いを続けていた。
王立錬金術大学の学生達も例外ではなく、白か黒をいずれ選ぶ事になる。
もちろん例外もあるが・・・

大学からの要請を受けて、『生徒会長』『書記』『副会長』は霊薬の材料を受け取りに
『海の錬金術師』の邸宅を訪れる事になった。
生徒会長の一行が『海の錬金術師』の邸宅へ到着したのは昼頃だった。
その日は『漁師』『海賊』『商人』『旅人』の4人も邸宅へ訪れていた。
生徒会長達は『海の錬金術師』達に歓迎され食事を御馳走になり、そのあと目的の材料がある
資料倉庫へ行く事になった。
資料倉庫へは小舟で行く方が速いということで、何人かは小舟で、また何人かは歩いて向かう事に
なった。
全員、資料倉庫へ到着したがなぜか『海の錬金術師』の姿が見えない。
あたりを探していると2階から『旅人』の叫び声が聞こえた。
2階の書斎で『海の錬金術師』がうつ伏せで死んでいた。
この苦しそうな姿は毒殺によるものに違いない。
資料倉庫に『海の錬金術師』が向かったことを知っていたのはここにいた7人のみ。
おそらくこの7人の中に犯人がいる。

『海の錬金術師』を殺害した犯人を見つけだせ。

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました